『とやま楽農学園』募集要項

とやま楽農学園からお知らせ

平成23年度/『とやま楽農学園』募集要項

平成23年度『とやま楽農学園』受講者を募集します!!

 営農サポートセンターでは、市内の農家をサポートしたい方や新たに農業に就きたい方を対象に講義や実践研修によって農作物の栽培について知識を深める「とやま楽農学園」を開講しています。「サポーターとして、仕事として、農業に携わりたい」という方をお待ちしております。

とやま楽農学園




農業サポーター養成のためのコース

(研修期間:平成23年4月から平成25年3月までの2年間)〔※水稲講座は1年間の研修となります〕
年間の受講日はカリキュラムをご覧ください。

野菜講座
野菜の栽培技術 [年間受講回数 16回/年 年間資材代等 5,000円程度] 
【定員】
午前の部:20名  時間:午前9時30分~11時30分
午後の部:20名  時間:午後1時30分~ 3時30分
果樹講座
梨とリンゴの栽培技術 [年間受講回数 14回/年間 年間資料代等 4,500円程度]
【定員20名】
時間:午前9時30分~11時30分
花き講座
切花の栽培技術 (定員20名) [年間受講回数 14回/年間 年間資料代等 4,500円程度]
【定員20名】
時間:午前9時30分~11時30分
水稲講座
水稲の生育と栽培(定員20名)[年間受講回数 8回/年間 年間資料代等 2,000円程度]
【定員20名】
時間:午前9時30分~11時30分(※座学による講義のみ)

※「農業サポーター」とは、農繁期に農家から農作業の要請があった場合、支援できる方をいいます。
※農業サポーターとして活動できない方は応募をご遠慮ください。
※野菜・花き講座の栽培研修は営農サポートセンターで、果樹講座の栽培研修は境野新地区(ナシ)、池多地区(リンゴ)で行います。
※応募多数の場合、書類選考で受講者を選定します。
※別途、各講座で使用する教科書を購入していただきます(1,000円程度)。
※途中で受講できなくなった場合でも、資材代等の返還はいたしません。

【申込方法】平成23年2月28日(月)必着で、下記の申込書に必要事項を記入し、富山市営農サポートセンター(〒939-8132 富山市月岡町3丁目101番地)へ郵送、またはメールで送ってください。
メールアドレス  einousapotosenta@city.toyama.lg.jp

申込書

●平成23年度 受講者募集要項

パンフレット表面PDF
パンフレット裏面PDF

●平成23年度 受講者カリキュラム

カリキュラムPDF

●申込書

申込書WORD
申込書PDF

農家の方へ

 平成18年に富山市営農サポートセンターが開設されて以来、受講者や修了者の協力を得て、農家の皆様へのサポート活動を実施してまいりました。サポート内容につきましては、トマトやキュウリの箱詰め、白ネギや梨の収穫調整など、平成22年度におきましては、延べ900人を超える活動となっています。
 この活動も5年目を迎え、「とやま楽農学園」の講義内容をより実践的なものとし、農業を職業として取り組む方や農家の皆様が望まれる作業をサポートできる人材の育成に努めてまいります。
 収穫・調整作業などでサポートの必要な方は、富山市営農サポートセンターまで連絡してください。
なお、富山市内の農業生産者に限ります。

【これまでのサポーター活動】
トマト選果、梨摘果、梨選果、梨収穫、梨剪定、柿摘果、ねぎ収穫調整、きゅうり選果、米の収穫作業補助及び運搬、畦草刈、ハウス内除草など